ネット上の人間関係は簡単に仲良くなれる分、簡単に離れていく浅く儚いもの

ネットの人間関係は浅く脆い、簡単に切れてしまうもの過去の回想と内省

フォローしてはみたけど日々の日記を見て興味がなかったとか

友達登録したけど一回もコメントやいいねの交流なく外したとか

フォロー数に上限があるとか、趣味が合う人の書き込みだけ見ていたいとか

フレンド整理の時に外したとか

あんまり関わりなく外された分には、よくあることだから気にしないけど

たまに「えっ、つい先日まで仲良く絡んでたじゃーん」

って相手も突然フォローが外れていることがある。

最近は絡んでなくても一時期仲良くしていた人とか。

そういう人からもネットでは、いとも簡単にあっさり

フォローや友達を解除されて離れていってしまうものなのです。

ネット上の人間関係、ネット上の友達とはそういうもの。

何かの発言が不快だったっていう可能性もあるけど、

それも含めて、合わなかったのでしょう。

こんにちはっていう挨拶を、その時たまたま返せなかっただけで

フォローを外してくる人もいれば、

フォローしてはみたけどなんとなく合わないと思ったから外したっていう人もいるけど、

いずれにしても

真面目に考えちゃいけないのです。

スポンサーリンク

去る者を追わず、広く浅く情報交換をして、今楽しければそれでいい、それがネット上での人間関係の立ち回り方

暴言とか嫌がらせとか、人としてのマナー違反は

現実と同様、ネットでもしてはいけないけど、それさえ守っていれば

ネットの人のことを真面目に考えちゃいけない。

どちらが間違っているわけでもなくただ考え方が違うだけでも

ブツ切りのようにフレンド登録を外す人や、

その時たまたま挨拶を返せなかっただけで

こちらがあえて無視したのだと勘違いして友達登録を外す人とか、

なんでもない会話で、否定としか受け取れず怒りを抱くような人とは

どっちみち長くは続かないでしょう。

ネットの人間関係は浅く脆い、簡単に切れてしまうもの

気にする必要もなければ、そういう人となんとか関係を繋ぐメリットもなく。

どのコミュニティでも、どのSNSでも同じ。

ネットとは、今すぐ簡単にお友達のように仲良く出来る反面、簡単に関係が切れてしまうものなのです。

ゆるく浅く広く、色んな人と情報交換出来ることを楽しむ主旨がネットであって

現実の親友や恋人のような関係を求めてはいけません。

もちろん、必ずしもではないけど。

 

浅い世界であることを前提に利用しているほうが、

色んな情報が入ってきて、インターネットを有効に利用出来ると思います。

ネットの人はネットの人と割り切ってインターネットは適切に利用する

現実でも知人や友人の一人までにはなれても、

親友恋人ってなると出会いは運でしかなく、作ろうとして作れるものではないよね。

 

寂しさを感じるとついついネットにすがりたくなるのも、

別に変なことではないと思うけど

ネットの人はネットの人なんだ。

構ってちゃんにはそれ相応の人しか寄ってこないから

ネットではゆるく情報交換を楽しむくらいが、自分にも良いと思う。

たとえ仲良い時期があったのであっても、友達登録を外されても気にしないで、

ネットとはそういうものだから。

交流するにしても、色んな人とパラっと仲良くしているくらいが適切だと思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました