憎しみからは何も生まれないという言葉の、私の解釈

憎しみからは何も生まれないという言葉の意味過去の回想と内省

よく「憎しみからは何も生まれない」っていうけど

私は、そんなのきれいごとでしょ?って思っていた。

 

よけれないのをいいことに

何度でもハメれるのをいいことに

頭の弱い私に粘着して執拗に嫌がらせしてきた人たち

イライラするものはイライラするって思っていた。

私にだけ都合よく利用してくる人

世の中には志の高い人間もいますし

根っから温かい人もいます。

本当に良い人も存在します。

 

その一方で、

屁理屈や嘘やズルばかり、嫌がらせばかりの

嫌な奴もいます。

 

そういう人を私がどうにかできるものではないので。

スポンサーリンク

怒りに視野を奪われて困るのは自分自身

嘘やズル、抜け道、屁理屈、誤魔化し、人をモノとしか思っていない人など

そういうのはどこにでもあって

真正面から戦おうとするよりも

関わらない、よける、相手にしない、極力近寄らない、

目の前にいて無視は出来ないなら浅い対応しかしないようにする、

そうやってよけるしかなくて。

非常識な人や、黒い目的で私に近づいてきた人から

被害をくらったり迷惑をかけられると、

やはりイライラしますし

見抜けない、よけれない、頭の弱い私は

そこに更に嫌なことをいつまでも忘れられない脳ミソなので

ずーっとイライラしていました。

 

だけど、今は

非常識な人間や

人の悲しい顔に楽しみを覚えるような黒い人間に

意識を使ってしまうこと自体が

時間と労力の無駄だと思っています。

 

元々、一度に一個のことしか出来ない

シングルタスクの脳ミソの私は

怒りに思考を奪われると、そのことだけに容量をくわれて

思考や視野がフリーズしちゃうので。

ドライな対応、塩対応、スルーを覚える

どーせ、ああ言えばこう言って無限ループで

相手にするだけ時間と労力の無駄かつ何も得ないので。

意味あることを何も得ないので。

無表情にドライな対応

こちらを都合よく使ってくる相手には、やんわりと断る・促す

迷惑な人には、

あ、まだやってるんだ(呆れ)くらいに思って

興味ないからいいやくらいに思って

私は私のことをやっているほうが有意義。

構っても何も得ないから。デメリットしかないから。

嫌な気分になるだけで何も得ないから。

 

わざわざ私のような弱い人間をめがけて粘着してくる人は

当時の私よりはマシというだけで

思考力が私よりはマシな発達障害っぽい人もしくは

不幸な人生を世代連鎖している人格障害っぽい人なのだと思います。

弱い人間や寂しい人間ほど、誰かを憂さ晴らしのターゲットにすることで

なんとか自分を保とうとするのです。

少なくとも幸せな人間は弱い人めがけて攻撃なんかしません、

自分の恥だし、要らぬリスクを買いたくないので。

虚しい人間たちに時間や労力を割かない

悪意持って何かをしてくる人に対して

怒りや憎しみという感情は妥当なモノだと思います。

人間ですから。

しかし、私がどうにかできることじゃないので。

よけるしかないので。

そういった虚しい人間たちに

怒りを抱くのではなく相手にしないことが最善だと思います。

無視や仲間はずれはしないで浅い対応に徹して離れてもらう

「憎しみからは何も生まれない」という言葉の意味とは

本来の意味とは違うかもしれませんが、

私は「時間の無駄だから自分の事をやろう」っていうことだと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました