攻撃的で、出来る限り相手を傷つける言葉を探す人の心理と対処法

相手を傷つけようとする人の心理過去の回想と内省

今は、わざと相手を傷つけようとする人を見ても

喋っても意味がない相手なんだと察して特に何とも思わないかな。

疲れている時は言われるがままに傷ついてしまうんだけど

冷静な判断力があると、攻撃的だったり角を立てる言い方しか出来ない人は

目標なく生きていて能力が低い人間、関わる意味がない人間だと思います。

 

自分のために生きている、好きなこと大切なもの、目標持って生きている

まともな人は、なるべく角を立てない言葉を使います、自分のために。

スポンサーリンク

なるべく相手を傷つける言葉を使いたいと思う人は、なぜそのような発想にいくのか

興味のないものは角を立てずに離れて欲しいから、

わざわざ刺激して自ら不利に持っていく必要もないでしょう、普通は。

煽ったり、攻撃的な発言をしたり、相手を傷つける言葉を繰り返す人は

なんでそうなのかって、

構ってほしいのです。

暇で寂しくて、自分の人生に満足していなくて、毎日が不安で

何かにすがりたくて、でも中身がないから相手にしてもらえない。

そこで、疲れている人を狙って

わざと相手を傷つける言葉を繰り返して構ってもらおうとします。

文句の言葉すら、寂しい人間には餌となる

普通は自分に対して相手が怒っていたり悲しい顔をしていたら

楽しいとも思わないし、こちらを嫌だと察したら

私のことを嫌いな人と関わってもお互いに疲れるだけなので離れます。

あっちが私を嫌いなのだとしても、私からも

私のことを嫌いな人と必要最低限以上には関わりたくありません。

 

寂しい人間は、相手が怒りや悲しみの感情を示していることすら

反応、構ってもらえているとみなして喜び、餌となってしまいます。

寂しい人間に最も効くのは、無反応、相手にしないこと、

へえふんそーなんだ的な流す対応しかされないこと。

執拗に人を煽ったり馬鹿にする人間の中身は空っぽ

特にこれといったものもなく、ご自身の人生に不安で、

まともな人に相手にしてもらえるような趣味やスキルも持っていない。

だけど寂しい、構ってほしい、誰かと関わりたい。

その最後の手段が、自分より弱い者や疲れている人をめがけて

煽り、否定、傷つける言葉を執拗に繰り返して

憂さ晴らしや構ってもらおうとすることなのだと思います。

ある意味、心の叫びなのかもしれませんね。

でもそういうのは、身内とか親友とか近い存在や親しい人に助けを求めてください。

赤の他人に求めようとしないで。

強いものにはやろうとしないくせに

弱い者めがけて、何をしたわけでもない相手に攻撃する。

それってみっともないことだと思います。

相手を傷つけることが強さだと勘違いしている

普通は自分のためになるべく角を立てない、

関わりたくない相手を刺激して良くない意味で興味を持たれたくないから

喧嘩腰に喋ると得られるはずだった情報が得られなくなったり、後がなくなるから。

そこを煽ったり馬鹿にしたり

なるべく相手を傷つけたいという気持ちで

一生懸命、相手を傷つける言葉を探す人というのは

その時点で常識も信用もなく、相手にする価値がない人間でしょう。

それを本人は相手を傷つけることが、自分が強い偉いと勘違いしているのです。

怒らずスルー出来る人間は温厚なわけではなく相手にしていない

誰ともがイラッとくるワードを浴びても穏便な対応で怒らない人が存在します、

我慢しているのではなく本当に怒っていない人、素でスルー出来る人。

そういう、人よりちょっと出来た人ってなぜ怒らないのかって

非常識な発言をする人に対して、信用ない人なんだというサインとして受け取って

相手にしていないからなんですよね。

寂しい人間はなるべく相手を傷つける言葉を探す

人を煽ってくる人にはどう対応したら良いのか、対処法

優しい・温厚とはまた別の話で、

煽りワードを、ただ信用ない人のサインとしてだけ利用しているから

怒ることなく非常識な相手をスルーすることが出来るのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました