答えと一緒に見せられる映像

鍵の絵過去の回想と内省

最近、ある地点での映像が次々と思い浮かんで辛い。

私はその時のことを何とも思っていなかった。何やっても駄目な人生だったけど、その地点が特別嫌な記憶というわけでもなく。

嫌な記憶ばかり強く記憶に残って思い出すフラッシュバックもよくあったけど、フラッシュバックとはちょっと違う。

フラッシュバックではただただ、あの時あの人がこう言って嫌だったなあとか、この時この人がこういう態度を取って嫌だったなあ、とただ記憶を眺めているだけ。

最近の延々と浮かぶ映像は、シーンが再生されると共に答えも表示されている。

この時この人はこういう理由で怒っていて冷たい対応だったのかなとか、あの時あの人は何か情報をつかんでいてわかっていて私にこのように探りを入れたのかなとか。

鍵の絵

思考力が回復しているなりにシーンが思い浮かぶと、それなりの答えがわかるようになった。答えとは私の推測にすぎず絶対に当たっているとは限らないけど、だいたい当たっていると思う。「普通、こう思ったらこうする」という当たり前のことなので。

スポンサーリンク

あまりにトンチンカンだった過去の私

物事がわからないわけではなくて、体調不良に伴う思考力の低下で視野が非常に狭く、一度に一点しか見れないゆえに落ち度が生じたり、物事がダイレクトに進むリアルタイムな世界で対処が追いつかなかった。

血糖値が上がらないから、ものすごく強い空腹感と疲労感で頭が回らなかった。常にフラフラで立ってるのも辛い中、無理して笑って面白い人の演じて元気なふりをしていた。どんなに辛くても明るく振る舞ってしまう、それが私だから。

最近、なぜ1つの地点のことを延々とループして思い出してしまうのか、理由はわからない。その時のことをどうこう思っていないのに。

たとえ相手が悪いのだとしても、全ては私が撒いた種

嫌な奴もいたけど、まず私がちゃんと出来てないのもわかっている。「鍵をかけ忘れて泥棒に入られたら鍵をかけ忘れた人の責任」という意味では全て私が撒いた種でしょう。だから過去の人に対して別に恨みや怒りは抱いていない。あれじゃああなっても仕方ないよねって自分の落ち度を感じる。

ただただ映像を眺めているフラッシュバックも辛いけど、

映像と一緒に答えも見せつけられる、過去のシーンを答え合わせなる映像が延々とループすることが最近は辛い。

あまりにトンチンカンで、周りを見渡せてなくて、あれじゃ全員離れていっても仕方ないよなあって思う。仲間ハズレとかはないけど、気づいたら距離を感じて、どこに居ればいいのかわからなくなることはよくあった。

今を生きているのだから、そのうち忘れるけど、こうしてブログに愚痴れるのもネット時代のいいところだよね、この時こう思ったって記録に残せるところも良い。

もしも過去に戻れたら、ひたすら無口キャラに徹すると思う

今の頭で過去に戻ったシミュレーションをすると何も喋らず用件だけ淡々とこなすと思う。距離を保って赤の他人のままなら誰ともトラブらないし良くも悪くも私に興味もないでしょう。好きも嫌いも「興味」であり私のように不器用な人間は誰とも関わらないほうが無難です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました