私の人生って何だったんだろう

過去の回想と内省

子供の頃から続く強い疲労感も

何をやってもうまくいかない人生も

頭が回ってなくて

普通の人には嫌われ、黒い人にはターゲットにされ

頑張っても頑張っても考えても考えても

善意で動いても、何してもうまくいかない人生も

駄目な子、信用のない人、性格の悪い人という評価しか得られない人生も

全ては。機能性低血糖が原因だったと思う。

幼稚園の時点で、私は心も体もおかしかった。

親も含めた、周りの大人たちは

誰一人、私が具合が悪い可能性に気づいてくれなかった。

ただでさえ具合も悪くて疲れているところを

駄目な子と貶され馬鹿にされ煽られ、

私という人間を否定しかされない人生。

親にすら、ただでさえボロボロなところを

更に責められ追い詰められ。

私は何のために生まれてきて

スポンサーリンク

私の人生って一体何だったのだろう

そう思います。

 

誰しもが一度は

今の記憶持ってして子供に戻れたら、

空想することはあると思います。

でも私は一般的なそれとはちょっと違います。

子供のうちに体調不良の原因に気づけたら

  • 大切にすべき人を大切に出来て
  • もっとうまく立ち回れて
  • もっと体力があって
  • 自分のために頑張ることが出来て

もっと良い人生だったのに、って思います。

 

愛されてはいました。

ただ両親とも悪気はないけど幼稚すぎた。

 

当時は情報がなかったため体調不良の原因もわからなかった

体の問題、(私の場合は)著しく体力と思考力が低下する機能性低血糖症に加えて、

幼稚な親が持ってくる信用ない人たち、黒い大人たち、

普通の人でも無難に避けることが精一杯な面倒くさい人たち、

難しい環境だったことも事実だと思います。

 

もし今の体調と頭を持ってして過去に戻れるなら

私はあの人を大切にしたい、と思う人が何人かいます。

 

疲れていた

あの時の体調では無理だった

頭が回っていなかった

私には憎しみと悲しみしかなかった

私には力不足だった

普通の人の出力が10だとして

私は1とか2とかで

常に疲労感があって立ってるだけで辛い状態で

なんとか立っていた。

最大出力で1とか2とか出ないところを8とかやらなきゃいけなかった。

あの体調で普通の人と同じことをこなさなきゃいけなかった。

こんなにボロボロでも当時の医学では

健康という診断しか出なかった、だから全てを

私の努力不足や性格の悪さとみなされた。

私は毎日毎日身を粉にして一生懸命やっているのに。

 

私と同じ努力を、多くの人は出来ないと思います。

 

普通に頑張って普通に結果が出る、それが健康な人だと思います。

身を粉にして頑張っても、やる気のない人、努力不足、性格の悪い人

という評価しか得られない人生でした。

 

それらはただ

ビタミンB群を摂って精製された糖を避けるだけで

どうにかなったことなのです。

治るとまでは言えませんが

どうにか世の中を立ち回れる程度までは

改善されたと思います。

 

だからなおさら、

私の人生って何だったんだろうって思います。

 

当時は情報がない時代だったから仕方ないけどね。

もし過去の私に伝えることが出来るのであれば

どうでもいい人相手に気を遣っている時間

大切な人との時間を失うだけだから

出来ないことはやらなくていい。

うまくいかない相手とはうまく出来なくていいから

自分のやりたいことをやってればいい。

 

特別何か問題を起こしたわけではない限り

一般入試ならさしつかえなく大学に入れるので

子供時代はご静養にあてたら良かったと思います。

 

まるで悪魔のような子を抱えて親も大変でしょう?

だからなおさら、休んでもさしつかえない子供のうちに

休ませてあげたら良かったのにって思います。

人の目を気にして休ませてもらえませんでした。

私の命よりも、外の人にどう思われるかが大事なのです。

原因不明に私が休み続けたら私たち親が変に思われると危惧した親は

鬼のように怒って私を休ませてくれなかった。

 

だから私はボロボロな状態のまま立ち続けました。

 

あなたたちのプライドは私が身を徹して守ったのだから

やることはやったでしょう?

 

もしもあまりにも駄目な子と思うなら

性格のせいにするのではなく

原因を考えてあげて欲しいな、と

過去の私の両親に対して思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました