なんでも全力ちゃん

過去の回想と内省

長い間、無自覚に頭が回っていない中生きてきて

変な頑張りというか、

なんでも全力で一生懸命やるところがあった。

興味のないこと、全力でやるようなことじゃないことも。

その結果、肝心なことに労力がまわらなかったり。

なんにでも、1%でも可能性があるなら

全力でやるところがあった。

 

自分のために現実的に頑張るのは良いことだと思うのですが

過去の私の場合、

自分のためでもなければ、重要度が低いモノの事もあったり

不適切に、なんでもかんでも全力で頑張るところがあった。

それが自分にもなんの利にもならなくて疲れるだけだし

周囲から見ても焦点が合ってなくて迷惑だったと思う。

 

今は、例えば1/100の確率で

高価なものがあたるくじ引きがあったとして

やりません。1%はゼロに等しいとみなします。

最初から欲しいものを市場の相場で買う方が早いし

買えないものは要らない、買えないのだから仕方ない。

用件でも自分に必要なことでもないことで

低確率しかないものは、時間と労力の無駄だと思います。

 

全力で頑張れば出来そうなことでも、

それで得られる結果に対して

そんなにそんな欲しいわけでもないのなら

出来てもやりません。

他にやりたいことはあるし、

興味もないことに全力を注ぐのが時間と労力の無駄なので。

スポンサーリンク

自分の興味のあること、自分がやりたいことであれば

結果はなんであれ教養として得るものはあるので

一生懸命やると思います。

 

でも、自分の興味もないこと、やりたくもないことを

一生懸命やったところで

後に自分の実にならないので、やりません。

暇だったら何かをしているほうがいいと思うけど

なんでもかんでも全力でやっていたら

用件や私の夢、目標、趣味など

肝心なことに視野や体力・気力が行き届かないので

自分の中で、やっても意味ないでしょって思うことは

切り捨てる、

必要なこと、要らないものを選別することも

必要なことだと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました