100人いて100人誰とも仲良くなれなくても

誰とも仲良くなれないのなら一人で過ごせばいい 過去の回想と内省

どこにいってもみんな誰かしら仲良い人がいる

実際の仲がどうかまではわからないけど

どっかの輪に入って行動を共にする人がいる

私には、皆さんに誰かしらお友達がいることが

特別なことに見えた

みんな誰かしら友達がいることが不思議だった

人が少なければ少ないほど

趣味や性格が合う人に出会う確率が下がるから

1人2人という少人数だと

誰とも合わないということは

普通の人でもありえることだと思う。

そして、コミュニケーション能力が普通にあれば

100人もいたら誰かは気が合う人がいる

スポンサーリンク

一人なら一人で出来ることを探して一人の時間を過ごす

もしも100人もいる場所で

1人も仲良くなれなかったとしても

それ自体は別にいいと思う。

 

むしろ、相手は私に興味がないのに

無理に入っていこうとするほうが

私も疲れて相手も迷惑で、お互い辛いだけ。

 

自然に仲良くなった人とだけ仲良くして

もしも誰とも仲良くなれなかったとしても、それ自体はそれでいい。

そうならそうで、本を読んだり趣味に費やして自分の時間に使えばいい。

本来は、人と交流して共有交換すること以外にも方法はある

「出来ない人」や「交流に興味のない人」に対して

  • 輪に入っていきなさい
  • 入っていく努力をしなさい
  • 交流や友達は必要なもの

などと強要する人間もいます。

でもそれは交流を楽しいと思う人や

標準又はそれ以上の空気を読む力やコミュニケーション能力がある人前提の方法だと思います。

交流することによってメリットを得られる人や

難なく交流していける人は、人と関わって共有交換していく方法がいいと思うけど

必ずしもその方法じゃなくてもいいよね

必ずしも人と共有交換しなくてもいいよね

 

用件はこなして、迷惑はしないのであれば

誰とも仲良くなれなくても

無理にどこかの輪に入ろうとしなくてもいいと思います。

 

「出来ない」から出来ないのであって

出来るなら交流しています。

出来ないなりに、出来ることの中から対策を考える

「頑張ればどうにかなる」と思って

興味もないのに人のご機嫌うかがって

どうにかどこかに入ろうとすることのほうが

お互い疲れるだけで効率も悪いと思います。

 

頑張っても頑張っても出来ないことは

出来ない自分を受け入れたほうが

出来ないことを頑張ろうとしていた時よりも

出来ることが増えます。

出来ないのは努力の問題ではない、

出来ないからといって迷惑をしていいわけではない。

そう考えた結果、極力人と関わらないようにするしかないんですよね。

 

出来ないのなら、

なんとか人の輪に混ざろうと無理に入っていこうとしたり

人とうまくやろうとするよりも

用件以外喋らず、角を立てる可能性を減らす方が

「出来る事」、現実的な方法だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました