過度な謙遜は人を不快にするだけ

過去の回想と内省

そんなでもないよーってサラッと一言程度だったら

普通だと思うけど

自分はこんなにこんなにこんなに駄目でって

力説しはじめるのとか、

内容がないし

悪気はなくても

 

そんなことないよって言ってほしいの?的に

構ってちゃんに映って、人を不快にするだけだと思う。

 

私の場合、

そんなことないよって言ってほしい気持ちも

あったとは思うけど、それよりも

「何か喋らなきゃいけない」という、

スポンサーリンク

明るくて面白い自分であらねばならない

という

素の自分でいられないという、

そっちの理由で

同じことを何度もリピートしてしまっていた理由が

原因を占めていたかなと思う。

 

親に否定しかされなかった。

子供は無自覚に、親の願いを叶えようとするところが

あると思う。

 

会話に積極的に喋って入っていくような、よそ子を褒めて

別に言葉が遅れているわけでもない、ただ積極的ではないだけの

自分の子を否定するから

どんどん喋って明るい子でなくてはならないと、

私も必死に演じるようになる。

よその子を褒めて自分の子を貶すセットになってるのが

より一層よろしくないポイント。

 

ADHDっぽい私は多弁なのも事実だけど

積極的に入っていくような性格ではないし

根っからの真面目で用件はこなす、やることはやってるので。

性格が特別積極的ではないことで、

それで何か迷惑かけました?って親に対して思う。

 

私の生きづらさの1つとして

構って欲しくてやってるわけじゃないのに

そのように映って嫌われていくことかなって思う。

それだったら構ってほしくて構って欲しい行動言動をして

嫌われていくほうがまだマシだと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました