私が事情を説明しても固定の答えを変えないなら聞いてこないでほしい

説明しても相手の言い分を受け入れない 過去の回想と内省

ある時、私はAさんとBさんとCさんと

遊びにいく約束をしていたのですが

当日になって、どうしても具合が悪くて

突然のキャンセルで悪いとは思ったのですが

具合が悪いから行けなくなったと連絡して

予定をキャンセルしました。

具合が悪くて寝込んでいる絵

出かけるのが無理なくらい、その日具合が悪かったのは本当です。

スポンサーリンク

全くの事実無根の言いがかりをつけられた

その数日後、Aさんに

「Bさんが嫌いだから来なかったんでしょ?」と言われました。

そんな事実はありません。

私は本当に具合が悪いから、その日休みました。

Bさんが嫌いだからキャンセルしたという事実は全くありません。

だから私はAさんに、

「いや、そんなことはなくて具合が悪いから休んだんだよ」と言いました。

説明してもAさんは絶対にご自身の推測を曲げずに

「Bさんが嫌だから来なかったんでしょ」と

ムッとした顔で言いました。

説明しても自分の答えを曲げないなら聞いてこないで欲しい

その時、私は、すごく傷つきました。

具合が悪くて寝ていたのに、なんなのって思った。

決まった答えがあるのなら相手に聞いても意味がない

仮に私がBさんのことが嫌いだから行かなかったのだとして

Aさんにとって、それが絶対的な事実なら

私に、ああじゃないのこうじゃないのって

聞かなければ良くない?

絶対に曲げない事実であれば、

私に聞いても意味ないでしょ。

私が説明したって、Aさんにとっては私の説明は絶対に嘘で

ご自身の推測が絶対に事実なのだから。

確かに私はBさんに対して、どちらかというと苦手でした。

嫌いっていうよりは、入れない、入りづらいという感じ。

でも、私は約束をしたのにBさんが嫌だからっていう理由で

当日のドタキャンはしません。

もしもBさんが嫌でキャンセルするのであれば、

当日ではなく、もっと余裕を持って行けなくなったと言うし

日数に余裕がないのならBさんが嫌でも仕方なく遊びに出かけます。

全くないところから作り話で

ああでしょこうでしょって決めつけられて

非常に不快でした。

不器用な私の日頃の行動言動が誤解を招く

過去の私は

具合が悪く思考力が低下してフラフラな状態で

なんとか毎日毎日を生きている状態だったので

言っていることやっていることがおかしくて、

信用ない人だったのだと思います。

そう思われても仕方ない状態だったと思う。

用件とか約束とか、事務的用件はきっちりやるほうなんだけどね。

それでも日頃の発言がおかしいから

客観的には信用のない人だと映ってしまっていたのだと思います。

力を振り絞って、なんとか元気に振る舞っていたこともまた

人をイライラさせる原因だったと思います。

ただ、今は

どう思われてもどうでもいいんだ。

人にどう思われるために全てのリソースを奪われてしまうことが

もったいないと思うから。

人と仲良くしようとするのをやめて、

自分のことに費やす方が有意義だと思っています。

補足するとAさんは別に悪い人というわけではなく

普通の子です、行動力もあって勉強も出来る頭のいい子です。

しかし、

自分と他人との境界線が曖昧な人だったと思います。

仮に私がBさんのことを嫌いだとしても、

Aさんに直接は関係ないことだし

目の前で喧嘩しているわけではないのだから、

Aさんが介入してどうこうすることでもないよね。

そもそも私はBさんとは別に仲が悪いわけでもなければ

嫌いという事実もないのですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました