弱い者が弱いモノいじめをする

過去の回想と内省

強い者(自分を持っている人、用件や趣味にピントが合っている人)は

弱い者イジメはしません、時間の無駄なので。

 

特に目的なく生きて、趣味もなく、

自分に劣等感を抱いているような人間ほど

不器用で、何度でも同じネタで粘着出来るような人をめがけて

嫌がらせするのです。

 

中身ある目的をしっかり持っている人は

いじめなんかに興味がない。

そんな暇があったら

自分のことに時間や労力を使う方が有意義なので。

 

黒い人間に粘着されると、

自分も黒い人間になってしまいかねない。

だけど、

黒い人間と同じことをしてしまっては

弱い人間(趣味など自分を持っていない人という意味)に

成り下がってしまうので

趣味など、自分のことに費やして

自分なりに楽しいことや目標を見つけていくほうが

自分に良いと思います。

 

不器用な人間に粘着して憂さ晴らしする人って

はたからみたら、みっともない。

それで何か意味のあるものを得るの?っていう虚しさがあります。

 

人に意地悪したって、

自分自身のコンプレックスが解決するわけではないし。

 

人に意地悪する暇があるなら

なんでもいいから、自分のことやったら?って思います。

人に意地悪をしていても、ご自身の現実は何も解決しません。

スポンサーリンク

不器用な人めがけてつついてくる人には

「みんなと仲良く」とか「角を立てたくない」という気持ちは捨てて

ただただ、スルーするのが有効だと思います。

決して笑わず、

無表情に黙れば良いと思います、

無視はせず、なんでもない雑談の時は

へえふーん程度の会話が繰り広がらない短い相槌のみ返して

嫌がらせは無反応でスルー。

これを繰り返していれば

意地悪だけどまだ性格の範囲内程度の黒い人間だったら

離れてくれると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました