父親にとって私はボタンを押すとランプがつく玩具

過去の回想と内省

普通、自分の子に対して

可愛い服を着せてあげたいとか

笑った顔、喜んだ顔が見たいとか

そういう気持ちで接するものだと思う。

私の父親にとって自分の子供は

ボタンを押すとランプがつく、

スイッチを入れると動く、

玩具のような感覚でしかないんだなって思う。

そこに悪意はなく。意味もない。中身もない。

玩具のボタンを押してランプがつくように、

  • 子供を悲しませる発言をして反応を楽しむ
  • それを執拗に繰り返し楽しむ
  • 本人は面白いと思ってやっている

相手が傷ついているという発想はなく

自分の言動により子供が泣いていても

まだ続けている。

ただ用があって出かけただけの母親のことを

お母さんはお前のことが嫌いだから出て行った!と脅し

子供が泣いているのに、面白いと思って、

もう帰ってこない!と、まだ続けていたり。

悪意があってやるのも問題だけど

そこに悪意も意味もないから、また困る。

自分のやっていることが記憶にない、

というほうが近いのかもしれない。

スポンサーリンク

オモチャはたくさん買ってくれるし、

欲しいと言えば欲しいモノは、たいてい買ってくれる。

うちは、よその家よりもたくさんオモチャがあったし

ゲーム機は、一家に一種類の一台という時代に

何台も色んなゲーム機があった。

父親はゲームは一切しない。子供のために買ったモノ。

決して、子供を愛していないわけではない。

そこがまた辛い。

そこはちょっと空気が読めない人が気前よく奢りまくって

好かれようとする発想にも似ているかなと思う。

 

私は、ごく普通の愛情を

かけて欲しかったです。

 

子供に可愛い服を着せてあげるのではなく、

子供に良かれと思って何かをするのではなく

悪意はないと共に意味もない父親。

これやったらどうなるのかな?どうするのかな?と

子供の悲しむ顔を楽しむ父親。

オモチャのスイッチを入れたら動くように

ただ子供の反応をオモチャのように楽しむ父親。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました