子供が発達障害や困った子であっても、先に親が回復する必要がある

全てを子供のせいにする親を周囲も冷めた目で見ている過去の回想と内省

もしかしたら両親ともまともなのに

子供だけおかしいというケースも存在するのかもしれないけど

私の家の場合は、私がおかしいのは事実ですが

両親ともおかしいのも事実でした。

私は、子供だけおかしくて両親は正常ということはあるのかなあ…と

疑問に思いますが、あるのかもしれないのでなんとも言えません。

 

子供が発達障害や困った子であることが事実であったとしても

まず親が回復しなければ、子供を導いてあげることも出来ないと思います。

 

親も間違った方法をやり続けている状態で

子供に対して適切な指導をすることは出来ません。

スポンサーリンク

全てを子供だけのせいにして、親自身の問題を自覚出来ないケースも多い

子供だけがおかしいとして、子供だけが全ての原因とみなして

一生懸命ああしろこうしろとアドバイスや強要をしている親もおかしいのでは

意味がないと思います。

その方法じゃうまくいかない方法を延々とアドバイスされて、しくじった親と同じ人生を子供の人生でまでやらされるのは辛いです。

自分自身もうまくいっていない人ほど、人にアドバイスをしたがる

親子関係に限らず、

ああしろこうしろとアドバイスしたがって、人に一生懸命アドバイスするわりに

自分のことも出来ていない、自分が正しいと思い込んでいつまでも間違った方法を繰り返しているというケースはよくあります。

むしろ自分自身もやること出来ていない人ほど、人にアドバイスをしたがります。

自分のやること出来ている人は、ここぞっていう時以外は、人にどうこう言いたくないものです。用件だったら伝えなくてはいけませんが、用件でもない人の自由な事柄で、安易にアドバイスして、本来背負わなくても良い責任まで負いたくないでしょう?

自分のやることをちゃんとやっている人は、自分のやることがあるので、用件でもないことを人にどうこう言っている暇はありません。

暇だから人を干渉して評論している時間があるのです。

テレビに向かって「そこ、そうじゃない!」と自由に意見することは普通だけど、それを現実で人相手にやって迷惑をかけてしまう感じですね。

子供を否定する言葉を並べた被害者面は、周囲の人から親自身の信用をなくす

子供がこんなにこんなに困った子で、

私たち親は、こんなに一生懸命やっているのに!

そう思う時、ご自身の回復にも目を向けて欲しい

過去を振り返って、私の両親に対して思います。

外でいい人、家では当たり散らかす

うちの子がこんなにこんなに駄目な子なの、その主張を見ている周囲は

子供に対してではなく親に対して、冷めた目で見ています。

「うちの子がこんなにこんなに駄目なの、よその子よりもすごく低いの、困った子なの」と、

ご自身の心をコントロールできないゆえに、

仲良くもない人相手に、自分の子のダメだしを並べて漏らすママさんに対して

「じゃあそうならないようにしたら?」としか映りません。

振り返ると、両親とも発達障害っぽいところがあった

毒親や幼稚な親は、なんでもかんでも子供のせいにするけど

親が自分で自分の評判を落として、親の人間関係がうまくいかないのですよね。

例えば、いつも一緒にいるお友達の悪口を言っている人を見たら、まともな人から見たら、そんな人とは誰も仲良くしたくないですよね。

私の両親は、よその人との距離を把握出来なかったり、子供に否定の言葉ばかりかけていたり、近い人を大事にしていなかったり、外でイイヒト演じたストレスを家庭内で子供にぶつけたり、親自身も発達障害っぽいところがあったと思います。

子供に指導する以前に親が回復する必要があったと思う。

自分も出来てない人が、人に指導なんて出来ないよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました