子供の頃メンドかった話 その1

過去の回想と内省

大人になった今としては、くだらない話なんだけど

私が行動面において頭が弱いゆえに、いいように利用されっぱなしの

子供の頃メンドかった話。

 

私が小学生の時の話。

 

近所にYちゃんっていう子がいた。

好きなことも性格も合わないし、あんま仲良くない子。

それで、もうちょっと離れたところにEちゃんっていう子がいて

EちゃんとYちゃんは仲が良かった。

 

EちゃんとYちゃんは、いつも一緒に登下校していた。

 

ある日、Eちゃんが朝、私の家に来た。

Eちゃんの家から学校に行くのに、私の家は通り道で

私の家からYちゃんの家は、すぐ近くって感じの環境。

何かと思ったら、EちゃんがYちゃんと喧嘩したから

今日から私と登下校を共にすることにしたい感じ。

 

スポンサーリンク

最初は嬉しかった、

登下校が一人なんて当たり前だったから。

 

私がEちゃんと登下校していた期間は、

Yちゃんは違う学年の子と登下校していた。

 

Yちゃんはクラスの中心的グループに入っていくような人だから

小学校の時だったから、まだそんなに

クラス内の権力の差とか、くっきりとグループに分かれてはいなかったけど

中学校は一緒じゃないからわからないけど

成長後もYちゃんみたいなのは

中心的グループにいくような子だと思う。

YちゃんはEちゃんと喧嘩しても、

すぐに他に居場所見つけて、どうにでも出来る感じ。

 

長くなりそうなので数記事にわけて書くので

子供の頃メンドかった話 その2
前の記事の続き。 子供の頃メンドかった話 その1 Eちゃんとは2~3ヵ月、一緒に登下校していた。 朝、Eちゃんが私を迎えに来て、朝一緒に学校に行って 帰りも一緒に帰っていた。 私は、誰かと一緒にいなきゃいけない的なことに 無頓着なところがあ...

↑次の記事に

続きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました