なぜ中身ない同じ内容を繰り返し人を怒らせるのか

過去の回想と内省

過去の自分自身のことを言っています。

私の場合、中身ない同じ内容を繰り返して人を怒らせる原因に

低血糖により無自覚に頭が回っていなかったことも

強く関係していると思う。

大食いでもなければ甘いモノも好きじゃないし

たくさん食べて低血糖を起こしていたわけではなく

元々なりやすい体質、そういう体質なんじゃないかと思う。

私の場合、原因の一つはブドウ糖が体に合わない。

最近、たまたま、体調の良い自分を知って

(それについてはこのブログのトップページURLから

adhd.を除いたURLがメインブログなので、そっちでやってます)

以前は常に強い疲労感がある体調しか知らなかったので

「普通の体調」を知ってからは、合わないものを食べた時に

体調が良くないことを感じて、これが合わないんだって

わかるようになって、私に合わないもののひとつがブドウ糖。

ブドウ糖は、どこの家庭にでもあるよるような調味料や加工品など

あらゆるものに入っていて、意識して避けないと避けようがない。

私は別にオーガニックとか無添加とか

体に良い食べ物を徹底したいわけではなく

自分に合わないものを避ければ良いという考え。

ブドウ糖はあくまで私個人に合わないのであり、

ブドウ糖自体が悪いわけでもなく。

炭水化物もなるべく雑穀、玄米、全粒粉など

未精製のもので摂るようにしているけど

少量でも具合が悪くなると思ったものがブドウ糖。

たまたま気づいたけど、気づくことがなかったら

避けようがなかったと思う。

スーパーでパッケージの裏を見ればわかるけど

ほとんどのものにブドウ糖が入っている。

甘いモノじゃなくても、なんにでも入っている。

低血糖により体調としても常に強い疲労感の中生きて、

脳や心としても頭が回らない、不安定な心で生きて、

無自覚に頭が回っていない人生を送ってきたんだけど

避けようがなかったと思う。

 

体調も悪く、頭も回っていないから

必然的に視野が狭くなって、

一言でいえば喋ることがない。中身がない。

みなさんが旅行とか趣味とか夢とか目標とか

素敵なこと、中身のあること、意味のあることをやっている中

私にはそんな気力も体力もない。

 

そこで私も人間関係を諦めて黙って1人でいるのが

今思えば最善だったと思うんだけど

アダルトチルドレンの要素も持っている私は

みんなと仲良くしなきゃ!!みたいなのがあって

一生懸命喋っていたし、明るくて面白い人を演じていた。

演じきれてないけど、仲良くしようと一生懸命やっていた。

それがまた、

中身なく喋るから、そして同じ内容を繰り返すから

人をイライラさせていたと思う。

何か喋らなきゃ喋らなきゃ!っていうところがあった。

こういう人に遭遇した時

興味がないなら別に仲良くしてあげなくていいから

嫌な顔をしたり皮肉や嫌味を言うのではなく

興味がないのならただ反応を浅くして離れてもらうのが

良いと思う。

反応を見せなければ、浅い対応を繰り返せば

入ってはいけない、入れてもらえないことまでは理解するので。

それでもしつこく入ってこようとするのなら、

それはまた別の問題だと思う。

かわいそうだと思って興味もないのに仲良くしてあげるとかやっちゃうと

後にお互い疲れるだけなので。

頭が回らない人生と、頭が回るようになった人生と

どっちも経験したので

スポンサーリンク

実害のない迷惑な人に遭遇しても、今は

ただ「素でわからないんだ、できないんだ」、

だから仕方ないんだと思う。イラっとはこない。

出来ない人と出来る人と両方の経験もってして

発達障害っぽい、性格が悪いわけではなく

実害もないんだけどなんかイライラする人に遭遇した時に

仕方ないよね、って許せるものだと思う。

努力でどうにか出来るものではないので。

出来ることはなるべく喋らず、トラブルが起きるリスクを下げることしか出来ない。

努力して人とうまくいくようになるわけではないということを私は経験している。

不器用な人相手に、努力する気がないと怒りを抱く人は

その人自身も、まだ自分の生きやすい生き方を見つけていないんじゃないのかな

努力すること自体が正しいと思っていて

実績ないままただただ努力をしていて

人に自分と同じ努力をすることを求めて、怒りを抱くようになる人もいます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
過去の回想と内省
ayanaをフォローする
ADHDかもしれない私の独り言

コメント

タイトルとURLをコピーしました